沼田法律事務所

刑事事件について

交通事故で相手に怪我をさせてしまった,ついかっとなって相手を殴ってしまった,電車に乗っていたら隣にいた女性から痴漢の疑いをかけられた・・・。ごく普通の生活を送っていても,ふとしたことで警察に逮捕され,事件の「被疑者」にされる事態は,どんな人にも起こりうることです。一旦警察に逮捕されると,最長で23日間もの長期間にわたって身柄を拘束される可能性があり,その間,警察から,被疑者として取り調べを受けることになります。

弁護士に依頼するメリット

弁護士にご依頼いただいた場合,弁護人として,身柄を拘束されている被疑者らと,警察及び検察の立会いなしで,面会することができ,被疑者から事件の内容を聞き,今後の捜査への対応についてアドバイスを行います。やったことは事実であり,相手方にも申し訳なく思っているという場合は,取り調べに対して素直に話し,被害者への反省の態度を示すよう助言するとともに,本人の代理人として被害者との示談を進めていきます。また,本人に身に覚えがないということであれば,警察に虚偽の自白調書を取られないよう,取り調べを受けるにあたってのアドバイスを行います。そして,事案に応じ,被疑者にとって有利な事情の収集分析を行います。
仕事をされている方にとっては,早期の身柄解放が重要です。弁護人は,まずは勾留されないよう裁判官に申入れを行い,勾留された場合でも,勾留の必要性を争うため準抗告を行うなど,早期の身柄解放に向けた活動を行います。
できるだけ早い段階から弁護士が関わることで,より充実した活動が可能となります。